渡邉 陽子

渡邉 陽子
山口県が将来活躍を期待されるアーティストに贈る「やまぐち新進アーティスト大賞」と「やまぐちACS賞」をダブル受賞。くじゃくの羽や貝殻のようなパーツに金彩を施すオリジナリティ溢れる美しい作品の数々に注目が高まっている。

ハタノ ワタル

ハタノ ワタル
常に和紙本来の美しさを引き立たせる為に、様々な角度から商品作りを行いその結果、テーブルや椅子等の家具雑貨にまで和紙を使用する作品を多数発表し、日本料理『吉兆』にも使用されその美しさを認められた。

CORE

CORE:イシワタ マコト
20年近くやってきたスケーターとしての側面からのアプローチで、スケートボードとしての役割が終わってしまったデッキ(板)の芯や核になる部分を抽出し、再構築させることにより、全く別の価値観を生み出そうという考えから産まれた新しいプロジェクト。

JONAS GLASS VISION

JONAS GLASS VISION:ヨーナス
沖縄/名護の「グラススタジオ遊」にて豊島ルリ子に師事する。神奈川県鎌倉に工房「JONAS GLASS VISION」を設立し、ガラスという枠にとらわれず絵・写真・音楽などを融合させ、サーフィンからのフィーリングを感じとり、波や海や自然などをモチーフとしたガラス・アートを創作する。

〒248-0025
神奈川県鎌倉市七里ガ浜東2-28-10
TEL > 0467-32-3310
定休日 > 月曜日
営業時間 > 10:00~19:00

CO-FU

co-fu:奥田 早織
「心に留めるもの=植物・色・質感・空気・ものごとの成り立ち・文化・昔の道具・昔の布、、、」。自分の手で作る生活の中のものをテーマに、偶然の出会いから見いだされた昔の布などに、新たな命を吹き込む。

山野辺 彩

山野辺 彩
作品たちは、彼女の暮らしのなかのなにげない出来事、偶然の出会い、ふとした瞬間の感動など、些細な瞬間にアイデアが浮かび生まれている。やさしい色合い絵柄と温かみあるフォルムが特徴の女性陶芸家。

KINTA

KINTA
作風に変化を見せながら、土・鉄・木の中でも粗いもの、繊細なもの、錆びたもの、新しいもの、古いものとあらゆる顔を持つその素材の魅力が最大限に生きるよう制作する。あくまでも素材が主役にこだわる。 常にぶっつけ本番の真剣勝負、素材との対話から作品を造形していく。

Audio Arts Recordings

Audio Arts Recordings : Naoki Ei
既存の音楽とは異なる観点より、心地よく不思議な世界を音で表現していくレーベルとして2008年に設立。音楽によって生まれる文化、文化から生まれる音楽、それが人々の生活へどのように溶込み、またどれだけ影響や刺激を与えるかを考えた上で、生音、電子音、ブレイクビーツ、音響効果音を用い、各々のライフスタイルに自然と溶込める音楽を空間音としてデザインしている。現在は、一般的な音楽マーケットから距離をおき自由な発想で新たなバランスのとれた「文化的な音楽マーケット」の構築を目指している。