サンプルページ

これはサンプルページです。同じ位置に固定され、(多くのテーマでは) サイトナビゲーションメニューに含まれるため、ブログ投稿とは異なります。サイト訪問者に対して自分のことを説明する自己紹介ページを作成するのが一般的です。たとえば以下のようなものになります。

はじめまして。昼間はバイク便のメッセンジャーとして働いていますが、俳優志望でもあります。これは僕のブログです。ロサンゼルスに住み、ジャックという名前のかわいい犬を飼っています。好きなものはピニャコラーダ (通り雨に濡れるのも) 。

または、このようなものでもよいでしょう。

XYZ 小道具株式会社は1971年の創立以来、高品質の小道具を皆様にご提供させていただいています。ゴッサム・シティに所在する当社では2,000名以上の社員が働いており、様々な形で地域のコミュニティへ貢献しています。

新しく WordPress ユーザーになった方は、ダッシュボードへ行ってこのページを削除し、独自のコンテンツを含む新しいページを作成してください。それでは、お楽しみください !

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

春の作家 2人展


<春の作家 ‐ おいしい器 : つちやまり & 山野辺彩 >
2012年2月22日~3月13日開催
日差しにあたたかみが出てくる、この季節。
春からの新生活に、ほのかな色合いの愛らしい器を取り入れて、
一足早い春を楽しんでみてはいかがでしょうか?

Cafe・美と和

Cafe・美と和

<Cafe・美と和>
2011年8月3日(水)- 8月23日(火)
JR大阪三越伊勢丹 7F リビング ステージ#7
会津若松の伝統技法と、商品を架空のカフェスタイルと共に・・・
古の時代より受け継がれた伝統技法を、歴史のページから読み解く、
その答えは、日本美と和モダンが融合された空間にあり、歴史を読み解いた時、あなたは古からの涼しい風を感じ取れるであろう。。
会津若松は、江戸時代より「茶の文化」が発展した土地でもある。その背景には、現代の茶の原点を作った千利休の子小庵が時の藩主である蒲生氏郷氏により匿われ事によりその末代に引き継がれ、その子孫には武者小路千家、表千家、裏千家の三千家が興り、現代の礎をここ会津若松から築き上げた、日本カフェスタイル発祥の地”会津若松”。
Designers & Labo.jpがプロデュースする「Made in Aizu」にこだわった、期間限定コンセプトショップ<Cafe 美と和>。
福島県会津若松産を中心とした漆塗りの家具、会津ろうそく、煙草盆などや会津若松特産の焼物を使用した、会津若松NEWモダンカフェスタイルを期間限定でオープン。コンセプトカフェで取り扱われる雑貨・小物、また空間を彩るアートも会津出身のアーティスト・MHAK氏のもの。。
期間限定カフェ<美と和>で取り扱われている全ての商品が販売されているという新しい空間スタイルの風を是非感じて下さい。
BITOWA / 坂本乙造商店 / Play Works / 会津木団扇 / 会津ろうそく / 会津慶山焼MHAK : アート / 能作 : 風鈴 / 関家具 : 一枚板

SHO WATANABE

SHO WATANABE

Sho Watanabe : ショウ ワタナベ
平面から立体、アパレルと様々なジャンルをクリエイトする
デザイナーでありアーティスト。日本を拠点としながら国内
外問わず様々なプロジェクトで活躍。Designers & Labo.jp
ではARTはもちろん、彼のブランドであるCloveruや子供服の
ラインmanateeなどのアパレルなどを中心に展開。
独自の視点から創造される表現は、カルチャーから自然と
リアルなライフスタイルの中で生まれている。

肥後 英機

肥後 英機
若きころより本場奄美大島紬泥染め染色に携り、40年体に叩き込みその技術を継承。島に自生するテーチ木(学名:車輪梅)を染料に、空気に触ぬよう糸を揉みこんでは絞り、染料を入れ替えてもみこむ作業を何度も繰り返し、次に島の泥で媒染。すると糸は黒っぽい褐色へと変化する。これが地球と肌にやさしい「泥染め」の手法。奄美の泥は粒子が細かく鉄分が豊富なのが特徴。通商産業大臣認定資格伝統工芸士。

小原 聖子

小原 聖子
金属で『小さなものに新しい息吹を・・・』日々、空間における空気を楽しくさせられるモノ、身に着けると可愛いと思う優しいアクセサリーを日常生活の出来事から様々なインスピレーションを感じてモノづくりをしている姿勢、作品に支持者が多い。展覧会を実施するたびに新たな世界観を演出する作品は多くの人々に驚きと新しい発見を与え続けている。

Meister

Meister
日本から発信する「モダンデザイン」のコンセプトのもと、デザインとクオリティーを重視し、メイド イン ジャパンにこだわった家具、照明器具、インテリア雑貨などを展開。また、国内外から選び抜いた多種多様なセレクトアイテムは、作家による一点ものの作品からアメリカや北欧のヴィンテージまで多岐に渡り、独自の世界観とハイセンスなライフスタイルを提案。人生を豊かに彩るデザインやアートを身近に感じながら、自由な発想で楽しむライフスタイルを目指す。

Gallery 1950

Gallery 1950
1950年代~70年代ごろのデザイナーズのイスを中心に当時のオリジナルにこだわった傑作を中心に、96年ごろからはショップオリジナルのファニチャーを展開。その頃からアパレルショップやPOTERとのコラボレーションプロダクツもスタート。2000年のリニューアルオープンからはデザインをキーワードとした衣と住のリンクをコンセプトに家具以外のものも提案できればと幅広いセレクトとなる。

Playmountain

Playmountain
ランドスケーププロダクツが2000年にオープンさせたショップ。シンプルモダンを基調としたオリジナルデザイン家具は、単に機能的、合理的なだけでなく人の心をときめかせる『なにか』を備えている。セレクトアイテムではミッドセンチュリーのモダンファニチャーや、一点物の装飾的なオブジェ、現代デザイナーによるプロダクツや工芸品などインテリアに関する様々なアイテムが取り揃う。ランドスケーププロダクトデザインというレベルを超え、世界各地で感性を共有できる人、モノを巻き込みながら、それをひとつのスタイル、価値観として表現し続けている。

平山 恵理

平山 恵理
若きころより日本古来からの素材・手法に強い関心を抱く中、福島県産で唯一生産されている加茂縞職人にオリジナル生地の作成を依頼。加茂縞生地は、日本で既に作成している職人が存在せずオリジナル生地を持っている唯一のデザイナー。その生地を最大限に活かした商品作成を行い、古き中にも現代風にアレンジしたデザインなどオリジナルな手法を用いた作品は、広い世代より支持されている。

OFFCRAFTWORKS

OFFCRAFTWORKS

OFFCRAFTWORKS:セキ ヤスシ
独学で天然木、流木、無垢板、金属、紙などを用いた照明、時計などを創り始め、2003年に<日本クラフト>展入選、2006年<ウッドクラフトコンペティション>入選。自然素材ならではのフォルム、質感、カタチ、偶然性、加工された素材の持つ質感、直線、無機質感、いろいろな素材のいいとこを組み合わせたものを創る。